タイトル

こんな映画を見ました。その感想や覚え書きなど.....

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
バグダッド・ カフェ
★★★★☆

バグダッド・ カフェ公開年月 1989/03

スペード 監督
パーシー・アドロン
クローバー 出演
マリアンネ・ゼーゲブレヒト
ジャック・パランス
CCH・パウンダー
クリスティーネ・カウフマン
モニカ・カローン
G・スモーキー・キャンベル

+++ ストーリー +++

ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ道筋にあるモハヴェ砂漠のはずれ。そこにある、取り残された様な寂しげなモーテル“バクダット・カフェ”。ここを切り盛りしているのは黒人女のブレンダだ。役に立たない夫、自分勝手な子供達、使用人、モーテルに居着いた住人たちにまで彼女はいつも腹を立てていた。そこへやってきたのがドイツ人のジャスミン。彼女の出現は、徐々に周りを変えていく。

砂漠色の黄色を基調に描いた映像には夕暮れ時の物憂げさがあり、バックに流れる名曲「コーリング・ユー」が、この映画の持つ雰囲気にぴったりマッチしており、映画の味を何倍にも膨らませている。

ホットコーヒー 感想

何処までも続く黄色い砂漠に、青い空。その、ロードサードにぽつんと佇むバグダッド・カフェ。砂漠に沈む夕陽は、それは綺麗なのだろうな。砂塵舞う風に吹かれても、こんなカフェに行ってみたいと思いました。映画を見終え、ふと現実を見回すと、そこは、いつもと同じ変わり映えのしない雑多な日常。やっぱり、こんな異空間へ、旅してみたいと思うのでした。
| Barairo | 洋画 | 13:45 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:45 | - | - |
不思議な味わいのある映画ですよねー。俺も感想書いてるのでTBさせていただきました。
| Kazu | 2004/11/12 1:01 PM |










http://cinema7.jugem.cc/trackback/23
「バグダッド・カフェ」
きっと制作費はそれほどかかっていないと思うけど、他の映画にはマネのできないものを表現できていると思う。男女のラブシーンもないのに、というかあえて描かないからこそ素朴で美しい映画。 Calling you♪も有名だけど、バッハのピアノ曲(平均律)がブレンダ(C
| Blog by Kazu | 2004/11/12 1:03 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ