タイトル

こんな映画を見ました。その感想や覚え書きなど.....

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
スワンズソング
☆☆☆☆☆

スワンズソング初公開年月 2002/11/09

スペード 監督
笠木望
クローバー 出演
石川佳奈
藤原ひとみ
麻乃佳世
中田あすみ
長谷川里紗
大場久美子

+++ ストーリー +++

誘拐殺人事件によって妹を失った美奈は、安らかな暮らしを望み、母と共に遠い田舎へと移り住む。新しい生活を始めた二人だったが、しかし、そこでも惨殺事件が起こり始める。

本作が劇場デビューとなる笠木望監督が、石川佳奈、藤原ひとみ、中田あすみら今売り出し中のアイドルを多数起用し、「アイドル映画」の枠組みを逆手にとって今どきの女子高校生の“得体の知れなさ”を前面に現代社会の歪みを描き出した異色ホラー・サスペンス。

ホットコーヒー 感想

見終わった後も、誰が犯人だったのかさっぱり分からず、苛立ちだけが残った映画。ただ、取り乱した娘を抑えたのが、母である大場久美子のキレた雄叫びだったのには何だか納得。あんな風に叫ばれたら、娘として正気に戻るだろうなと。しかし、本当に分からない映画だった。けれども、再び見直す気にはなれない。
| Barairo | 邦画 | 22:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:11 | - | - |
最初の犯人は主人公の石川佳奈ですよ。彼女が最初に妹を殺してます。そして母親は姉が犯人であることを薄々感じながら、姉まで無くしてしまうわけにはいかず、そのことを胸の奥にしまいこみます。
そのせいで精神的に少しずつ壊れはじめます。田舎に行った時、今度はその娘が自分から少しずつ離れていこうとします。それはまわりに
いる人間たちのせいだと思い、母親は死んだ妹のふりをしながら
少女たちを殺していくうちに、彼女自身がだんだん本当に死んだ娘に
なりかわってしまい、最後には妹として殺された時の復讐を姉にする、というお話です。多少はわかりました?
| とおりすがり | 2005/08/20 11:32 AM |










http://cinema7.jugem.cc/trackback/63
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ