タイトル

こんな映画を見ました。その感想や覚え書きなど.....

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
銀河ヒッチハイク・ガイド
★★★☆☆

銀河ヒッチハイク・ガイド初公開年月 2005/09/10

スペード 監督
ガース・ジェニングス
クローバー 出演
マーティン・フリーマン   アーサー・デント
サム・ロックウェル     ゼイフォード・ビーブルブロックス
モス・デフ          フォード・プリーフェクト
ズーイー・デシャネル   トリリアン
ビル・ナイ          スラーティバートファースト
ジョン・マルコヴィッチ   ハーマ・カヴーラ

+++ ストーリー +++

太陽系を通る銀河バイパスの建設のため爆破された地球だが、運命のイタズラで最後の地求人となったアーサー・テント。彼を助けたのは15年来の親友フォード。実は、彼は宇宙でのサバイバルを指南する銀河系最大のベストセラー『銀河ヒッチハイク・ガイド』の編集を務める異星人だった。こうしてアーサーは、ガイドブックを頼りに、広大な宇宙をアテもなく旅するハメになる。

もともとBBCのラジオドラマとして書き上げられ、SFパロディの傑作としてカルト的な人気を呼んだ故ダグラス・アダムスの同名原作の映画化。監督はこれまでミュージック・ビデオ界で活躍し、本作で劇場長編デビューとなるガース・ジェニングス。

ホットコーヒー 感想 (ネタバレ)

スター・ウォーズと同じように、宇宙にはこれまた摩訶不思議なモンスター達の暮らす星がありました。この夏、スター・ウォーズシリーズ全6本を立て続けに見た為、こんな設定には若干食傷気味でありました。しかし、宇宙船内のパン切りナイフがミニライトセーバーで、ブンブン音までしていたのには笑ったな。又、銀河ヒッチハイカーの必需品がタオルというのも可笑しい。ネガティブ発想に陥った、鬱病の超高性能ロボットの活躍で窮地を救われるという展開が、逆説的で他に類を見ない面白さ。
| Barairo | 洋画 | 23:18 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:18 | - | - |
i like this site
| seasonale | 2006/03/23 12:21 PM |










http://cinema7.jugem.cc/trackback/74
銀河ヒッチハイク・ガイド(THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY)
ハツカネズミは、地上で最も知的な生物である。 イルカは。地球上で二番目に知的な生物である。 地球において、人類は三番目に高等な生物である。 観た方はみんなそうだと思うけど、「イルカの歌」が耳から離れな〜いΣΣ(☆∀☆ )
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2005/09/30 10:59 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ